H270816_後方羊蹄山(比羅夫コース)~見る山から登る山へ

■感想
平成15年9月から平成19年1月まで札幌勤務。
登山に全く興味のなかった自分にとって、羊蹄山はまさに見る山。
でもいつもガスに隠れていて、4回目のドライブで初めて見てその大きさに本当に驚いた記憶がある。
時が流れて地元北陸で登山を楽しむようになった自分にとって、羊蹄山は見る山でもあり登る山に変化した。
「あの山に登りたい。」と登山を始めるきっかけとなった羅臼岳より先に、当時見る山として慣れ親しんだあの羊蹄山へ。
本日、いざ登らん。

正直、転勤によりほとんど段階的な登山が出来なかった本年、標高差1,500mはある羊蹄山にどの程度のコースタイムで登れるか分からなかった。
でも、昨年4回は登り鍛えてくれた富山県の大日岳も同様の標高差だし、登ることは出来るだろう。
そんな感じでとにかく登りきることを目標にしました。

2合目まではダラダラと登る感じ。
それ以降は勾配もきつくなり登り一辺倒となります。
これまで登った富良野岳や旭岳とは景観が異なり、稜線まで樹林帯をひたすら登る本州の山を彷彿させます。
だけど、去年まではこんな山を毎回登っていたんだよね、と自分を励ましながら登りました。
一つ、北アルプスと違うのは、やっぱり北海道は涼しい。
そしてシマリスにも出会えるし、見たことないお花もある。
日本は広い。
北アルプスには北アルプスの、北海道には北海道の良さがある。
そしてこの羊蹄山の御鉢めぐりはこれまでの苦労を忘れさせる絶景。

ま、ガスが多くその素晴らしさの一端しか垣間見ることしかできませんでしたが、天候が良ければこの山は大変な満足感を与えてくれるんじゃないでしょうか。
麓から登る登山本来の苦労を得た後、山頂からは御鉢の景観と単独峰ならではの麓の景色も望める。
ぜひ晴れた日に登りたい。
その日が来るまで何度でも登って、それが出来たら、またその景色を求めて再び登ることになりそうです。

ありがとう、羊蹄山。
また登ります。


■コース概要


半月湖野営場05:43→06:06風穴06:190→9:05比羅夫コース9合目09:18→09:27旧小屋跡分岐09:30→09:35火口中央道分岐→09:52京極コース下山口09:53→09:59真狩岳10:00→10:03羊蹄山10:14→10:20真狩岳10:48→10:52京極コース下山口10:53→11:02子釜→11:09旧羊蹄小屋跡→11:14真狩コース下山口11:20→11:30真狩コース九合目→11:37羊蹄山避難小屋11:58→12:10比羅夫コース9合目→13:42風穴13:53→14:15半月湖野営場

合計時間: 8時間31分
合計距離: 14.2km
最高点の標高: 1868m
最低点の標高: 358m
累積標高(上り): 1625m
累積標高(下り): 1609m


■写真

江別出発。
まだ、北海道の広い距離感に慣れていません(笑)
画像



道中の真狩にある羊蹄山の湧き水で、飲料水を補給。
帰りは、ウイスキーの水割り用とコーヒー用に別のプラティパスまで利用し4ℓ大量補給。
画像



風穴。
本当に涼しい風が出てくるんですね。
画像



順調順調(^^♪
画像



お花も綺麗だし足取りも軽い。
画像



少し勾配がきつくなってきた。
ここからひたすら登り一辺倒。
でも大丈夫。
画像



その直後に上空まで真っ白。
下山直後までこの風景が続く。
画像



これで半分か…
画像



頭上注意。
あぁ、絶景が見たかった。
画像



なんて種類の鳥だろう。
何故か20mほど、自分を先導するように登山道を移動してくれた。
画像



そっか、励ましてくれているんだ。
単純男全開。
突然元気になる。
画像



凍らせたゼリー飲料でエネルギーチャージ。
めっちゃ美味しい。
やる気完全復活。
画像



見事なガスっぷり。
何故か笑いが止まらない。
画像



ここら辺から高山植物が全開フルパワー。
画像



おぉ、思わず食べてしまいそうだ。
画像



山頂は、恐ろしい針の山のように見える(>_<)
画像



でも登ったぞー。
何度も登ればいつかは快晴だ( `ー´)ノ
画像



避難小屋でバッジを買うべく真狩コースから下山。
その時御鉢が全容を現した(ありがとう、羊蹄山)。
画像




可憐すぎる。
画像



避難小屋で将来のために、使用料等確認。
むむ、これはご来光を是非とも見たいもんだ。
画像



なんちゅう綺麗な景色ながよ(思わず富山弁)。
下界もようやく目視出来た。
上空に怪しい雲発見で、下山を急ぐ。
画像



おぉ、これは思わず食べてはいけませんね(-_-;)
画像



倶知安方面全景。
独立峰だからこその景観。
画像



トリカブト。
何事も綺麗なものには注意しないと(笑)
画像



前回の札幌赴任時、スキーの仲間と最後に入ったまっかり温泉。
8年7カ月ぶりに帰ってきたよ。
画像



まっかり温泉からようやく羊蹄山の全容が…
大きいなぁ。
昔は登るなんて考えたこともなかったよ、としみじみ。
画像



江別に着くと腹ぺこぺこ。
米食いたい!自炊は今夜は嫌だ!
なら牛丼だ。
満足。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック